コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

常用漢字表196字追加、見直し案を大筋了承(読売新聞)

 常用漢字表(1945字)の見直しを進めていた文化審議会国語分科会の漢字小委員会は23日、新たに196字を追加する常用漢字表の見直し案を大筋で了承した。

 漢字小委での議論はこの日が最後で、1981年以来となる常用漢字表の見直しは事実上終了し、早ければ今年11月に内閣告示される。

 パソコンや携帯電話などの普及を背景に2005年に始まった見直しでは、「読めること」と「正しく変換できること」を念頭に進められた。同小委が今月13日に示した最終試案通り、「鬱(うつ)」や語彙(ごい)の「彙」など難しい漢字が多数加わったほか、「溺愛(できあい)」「溺(おぼ)れる」など音訓とも使用頻度の高い字も追加された。

 一方、「匁(もんめ)」など使用頻度の低い5字が削除され、常用漢字表は計2136字になる見通し。ただ、常用漢字表に付ける漢字の考え方の文言について、一部異論が出たため、微調整を行った後、今年6月の文化審議会で文部科学相に答申する。

鳩山首相、マスコミ報道で「徳之島の反対運動が強くなった」(産経新聞)
国内線好調、日航は国際線減=GW空の便予約-航空各社(時事通信)
<帯広市長選>石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
「1Q84」3、発売開始(読売新聞)
参院選「小沢氏はしご外さない限り」鳩山首相で(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<全国学力テスト>過去問出題で成長分析(毎日新聞)

 小学6年生と中学3年生を対象にした全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)は20日午後、終了した。今回は全員参加方式から約3割の抽出方式に変更されたが、問題作成の基本的な考えは踏襲した。文部科学省は「問題の分量は昨年同様。難易度もこれまでと比べて変えたわけではない」と説明した。

 3年前の初めての学力テストを受けた小6が今回、中3になったことから、小6時のテストとほぼ同じ問題を出して、課題が解決されたかどうかをみる狙いの問題もあった。

 国語A(知識)の漢字の読み書きでは、07年の小6で正答率が58.3%だった「相談」の漢字を書かせる問題を、今回中3で再び出題し、書けるようになったかどうかを確認した。また「導く」という漢字を読ませる問題を、07年に正答率95.2%だった「勝利に導く」から「結論を導く」に問題文を変えて出題した。文科省は「『導く』は文脈を変えても読めるかを知りたかった」と説明した。

 中学校の国語B(活用)では、初めて新聞記事から情報を読み取る問題が出題された。また、インターネットを使った買い物の情報収集など実生活に即した題材や他の教科と関連付けた問題も多く出された。【本橋和夫】

【関連ニュース】
全国学力テスト:抽出方式への変更も参加率は7割超
全国学力テスト:4回目開始 今回から3割の抽出方式に
学力テスト:学校別の正答率を公開 横浜市教委
学力テスト:談合疑惑の内田洋行が一部業務落札
全国学力テスト:談合疑惑の内田洋行、配送業務落札

血友病、その現状と課題(医療介護CBニュース)
<踏切事故>盗難バイクと電車衝突 警察に追われ…四日市(毎日新聞)
携帯電話で市民税納付可能に 調布市(産経新聞)
受動喫煙防止条例に立腹、脅迫メールの男に罰金(読売新聞)
上越新幹線、高崎―新潟駅間で一時運転見合わせ(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

新党 「たちあがれ日本」発足へ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)

 平沼赳夫元経済産業相(70)、与謝野馨元財務相(71)ら国会議員5人は10日午後、東京都内のホテルで記者会見し、新党「たちあがれ日本」の旗揚げを宣言する。代表には平沼氏が就任。経済成長と財政再建を柱にした基本政策や党綱領を発表する。

 政党要件を満たす新党の発足は09年8月のみんなの党以来。今夏の参院選で民主党など与党を過半数割れに追い込むことを目指す。

 ほかに参加するのは園田博之前自民党幹事長代理(68)と、参院議員の藤井孝男元運輸相(67)、中川義雄元副内閣相(72)。与謝野、園田、藤井、中川の4氏はすでに自民党に離党届を提出している。会見には新党を支援する石原慎太郎都知事も同席する。

 これに先立ち、与謝野氏は10日午前、都内で記者団に「我々の真剣な気持ちを国民の皆さんに知っていただければ」と語った。【野原大輔】

【関連ニュース】
新党:党名は「たちあがれ日本」
たちあがれ日本:10日結成 党名不評「長過ぎる」
近聞遠見:だれに「たちあがれ」と?=岩見隆夫
<昭和毎日>改進党結成 52年2月
<昭和毎日>日本民主党結成 54年11月

公務員の政治活動巡る逆転無罪、東京高検が上告(読売新聞)
水道管25トン盗まれる=45万円相当、資材置き場から-神戸市(時事通信)
「スカート短い」と救急救命士、女子高生盗撮(読売新聞)
覆面マスク強盗団 警視庁、容疑の3人逮捕(産経新聞)
プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

鳩山首相「食の安全を守る」 米国産牛肉交渉再開(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は8日夕、日米両国が米国産牛肉の輸入制限緩和について協議再開に合意したことについて「国民の食の安全を守るという立場を科学的知見に基づいてしっかりとやりたい。私どもは私どもの科学的知見に基づいて、きょうまで議論してきた」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

 【米国産牛肉】

 --米国産牛肉の輸入制限問題に関して、2007年以降中断している政府間協議を再開することになったが、受け止めは

 「これは今、農水大臣、担当者同士で協議をしている話でありますから、私はその協議を見守りたいと思います。大事なことはやはり、国民のみなさんの食の安全を守るという立場、これを科学的知見に基づいてしっかりとやりたいということです」

 --米国側は日本の月齢制限は科学的根拠に基づいていないと主張しているが、会談によっては日本の基準を緩和する可能性はあるか

 「私どもは私どもの科学的知見に基づいて今日まで議論してきたと思っていますからね」

 【普天間飛行場移設】

 --核セキュリティーサミットで、オバマ米大統領と夕食会の隣席で非公式に会談する方向だということだが、きのう首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について今の経緯を申し上げたいと発言しているが、腹案について話す考えはあるか。また、この夕食会の時間で十分な話ができると考えるか

 「私はオバマ大統領とお話をする内容を事前にみなさま方にお話をするつもりはありません。したがって、それ以上のことは今、申し上げられません。ただ、当然、この何らかの経緯というものはお話ししたいということをきのう申し上げたまでであります」

 【首長新党】

 --山田宏杉並区長や中田宏前横浜市長らが4月中に新党を結成する方向だということだが、参院選に与える影響と、連携する可能性は

「まあ、あの、みなさんはね、この地方自治のことで、いわゆる地域主権、地方分権でがんばってこられた方々だと思います。そういう立場からこの国のことをいろいろと思ってこられたんではないかと思います。ある意味で私ども、もっとその先を走っているというか、本当の意味での地域主権を作り上げたいという考え方でありますから、考え方の近さはあるいはあるかもしれませんが、それぞれ政治家でありますから、政治家が自分の信念に基づいて行動されているんだと思います。私どもは私どもとして、この国をいかにして、本当の意味で国民の手に取り戻すことができるかという、今その戦いをやっている最中でありますから、私たちはその自分たちの信念に基づいた行動をこれからも強めていきたいと思っております」

 【NPO税制】

 --首相は新しい公共円卓会議でNPO法人(特定非営利活動法人)寄付税制の拡充について意欲を見せてきた。政府税制調査会の中間報告も首相の考えに沿った内容になっているが、中間報告への評価は。また、このことを参院選のマニフェスト(政権公約)に盛り込みたいという考えはあるか

 「はい。あの、新しい公共はこれからの日本のみなさんの大変重要な、私は、生きざまの部分、官をある意味で、公を開くという意味において大変重要な考え方であります。その中での寄付税制のことで今、大変税調中心にご努力をいただいていることは、私は評価をいたします。その方向性を急ぎたいと思いますし、できれば当然、新しいこの国の生きざまのテーマでありますだけに、しっかりと論じて、マニフェストなどにも今、検討していただいている最中でありますけれどもね、私個人としてはこういったことも大きなテーマに仕立て上げていただきたいとは思います」

 【マニフェスト見直し】

 --マニフェストの話が出たが、連合の古賀伸明会長と会ったときに、もっと大胆に国民を巻き込んでマニフェストの点検、見直しをやっていったらどうかというような意見がだいぶん出されたようだが、首相自身はどう考えるか

 「はい。古賀会長からその話をいただきました。マニフェストに対しては、この見直すに当たっては世論を巻き込んだ方がいいという話がありました。当然、机上の議論をするだけではなくて、私も国民のみなさんのご意思というものをしっかりと承りながらマニフェストを検討することが大事ではないかと。マニフェストの軸というものを当然、これからも守る必要があるとは思いますが、その中で、どういった見直しというものがあり得るのかどうかということで今、検討が始まっているわけでありますが、その中でも大事なことは世論を巻き込むという古賀連合会長の思いのように、国民のみなさんのご意思というものを十分に理解をするということが極めて大事だと、私もそのように思います」

 --そういうシステム、会合を作る考えは

 「いわゆる、私どもとして、したがって、多くの国民のみなさんの声をうかがえるようなね、そういう機会をたくさん作っていきたいと、そのように考えております」

【関連記事】
米国産牛肉輸入制限 日米農相が協議再開で合意
「食の安全」条例違反に罰則 新年度、変わる行政サービス 茨城
中国毒ギョーザ事件 全容を解明し不安なくせ
日中改善・食の安全 なお遠く
日中関係にらみ…今が「適切なタイミング」? 毒ギョーザ逮捕
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<皇室>悠仁さま、お茶の水女子大付属幼稚園に入園(毎日新聞)
「現有11議席確保が党再建の証し」公明代表(読売新聞)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
入院患者の血中からインスリン 逮捕された看護師の鑑定留置認める 京都(産経新聞)
今後チャレンジしたい運動は「ウォーキング」(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ラーメン具の定番「なると」、ブームに乗れず…(読売新聞)

 世は相変わらずのラーメンブーム。

 しょうゆ、みそ、とんこつ、魚介系など多彩なスープに、つけめんや油そばと、食べ方もバラエティーに富む。でも最近、あの白地にピンク色の渦巻き模様を、めっきり見かけなくなった。そう、「なると」はどこへ行っちゃったの?

 キツネ色のスープに、ピンク色の渦巻きが8個も浮かぶ「なるとラーメン」。川崎市幸区の「麺(めん)屋一刻」の店主、橋本裕貴さん(32)がメニューに載せたのは2004年12月のことだ。

 「彩りにこだわった」というのが理由だが、売れ行きは芳しくない。月に20杯の注文があれば多い方で、1日200杯の「ラーメン」に遠く及ばない。それでもメニューから外さないのは、「近頃あまり見かけないでしょう。あったらうれしくないですか」。

 赤い着色料を添加した魚のすり身を、白いすり身で巻いて蒸した「なると」の“本名”は「鳴門巻」。鳴門海峡の渦潮が語源という説が有力だ。

 「新横浜ラーメン博物館」(横浜市港北区)の宣伝・広報課長の中野正博さん(35)によると、なるとがラーメンの具に登場したのは大正~昭和初期。そば屋がラーメンを扱うようになり、そばやうどんに添えていたなるとが、そのままラーメンの具になったとみられている。

 以来、鶏ガラスープにしょうゆ味の東京ラーメンを中心に重要な具となったが、中野さんは「ラーメンの具としては明らかに減っている」と指摘する。同館に入る全国の有名店など9店も、一般的な「ラーメン」に使っているのは1店だけだ。

 全国に数万店といわれるラーメン店は、年間1000店以上が廃業する一方、ほぼ同数がオープンするという。「なると」を使う昔ながらの店は減り、新規店には敬遠されがちということらしい。

 その訳をラーメンジャーナリストの北島秀一さん(47)はこう指摘する。

 「ラーメン業界は競争が激しい。チャーシューやメンマと違い、なるとは味の工夫をしにくい。彩り以外ではもはや存在感が薄い」

 生産量の約7割を占めるとされる静岡県焼津市。「焼津蒲鉾(かまぼこ)商工業協同組合」によると、なるとの08年の出荷量は約4160トンで、1998年の約7100トンに比べ、約4割も減っているという。なるとの未来は、どうなってしまうのか。

 立ち上がったのが、製造業者だ。焼津の「カネ久商店」は08年秋、黒地に白い渦巻き模様の奇抜な「なると」を売り出した。すり身に竹炭と黒ごまを配合し、見た目だけではなく栄養面も重視。昨年9月には東京・千代田区のラーメン店に採用された。山口県宇部市の「宇部蒲鉾」も同7月、ユズや紫芋を使った5色の「なると」を商品化している。

 「なるとには、ラーメンらしい雰囲気を出す役割がある。コスト削減や味を理由に、店にも客にも、なるとを具にする心の余裕が無くなってきたのでは。大げさだが、なるとは世情を反映するバロメーターだと思う」。北島さんは寂しげにそう語る。

 新横浜ラーメン博物館では「なると」のキーホルダーが売れ筋商品の一つ。まだまだ巻き返しは可能では。ガンバレ、「なると」!(竹下誠)

民主と自民 「中央突破」それぞれの結果(産経新聞)
「懸命な捜査、誠に残念」=銃撃事件時効で安藤警察庁長官(時事通信)
高校無償化法 成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」(産経新聞)
「おごり一掃」「信頼回復」…入社式、再生託す(読売新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。